Spine20170907



Spine
Screw

腰椎変性側弯症は加齢に伴って椎間板や椎間関節が変性して、腰椎が左右に曲がったりずれたりする疾患です。本来まっすぐあるべき椎体(ついたい)とよばれる骨のブロックが左右にずれたり、変形したりして、さまざま症状をもたらします。
腰痛や下肢痛を生じやすく、多くは脊柱管狭窄症を合併します。高齢者ではレントゲンを撮ると、背骨が多少曲がっているのはよくある現象です。実際、軽度の側弯では症状は出ません。しかし側弯も高度になると、体のバランスをとることが難しくなってきて痛みも出てきます。本症例では、第2腰椎から第5腰椎を中心に変形が進行し内服やブロック注射でも症状が軽快しなかったため後日矯正固定術を行いました。

名前
Spine
Screw